HOME » 自動車板金塗装 » ホンダ FREED

修理行程

ホンダ FREED

DSCN0531

左側のスライドドアとリアフェンダーの修理です。

DSCN0540

スライドドアは、大きくひずんでしまっているので、新品交換です。リアフェンダーは、板金していきます。

DSCN0567

上の写真は、新品のドアに付替え、板金したリアフェンダーにパテを付けた状態です。

DSCN0572

スライドドアのラインに合わせてパテを研ぎます。パテが足りなかった部分に、もう一度パテを付けていきます。

DSCN0575

パテを研いだら、サフェイサ(下地)を塗装します。乾燥したら、水ペーパーで研ぎラインの調整をしていきます。

DSCN0578

スライドドアをはずして、二回目のサフェイサを塗装します。これを研いだら上色塗装です。

DSCN0579

専用石鹸で汚れを落としながら塗装範囲を決め、マスキングをします。

DSCN0581

塗装が終わったら、近赤外線乾燥機で完全乾燥させます。

DSCN0582

スライドドアも塗装します。今回は、新品ドアの程度が良かったので軽く水ペーパーで研ぎ、密着剤を吹いて上色塗装します。(程度が悪い時は、サフェイサを塗装します。)

DSCN0583

塗装が終わったら、同じように乾燥させます。

DSCN0605

スライドドアを取り付け、コンパウンドで磨き、最後に洗車をして完成です。

2009-08-11